ソーシャルビジネスをデザインする

セミナーシリーズ

ソーシャルビジネスをデザインする~課題発見と解決のアイディア創出へ

ソーシャルビジネスをデザインする

*本セミナーシリーズは2020年度、単位の付与はありません。

クリックしてPDFダウンロード

授業の概要

ソーシャルビジネスとは、 社会課題の解決を目的としたビジネスのことで、
収益をあげながらも、持続的な社会貢献につながる成果を出すことを目的としています。
これまでその両立は難しい、別々のものとされていましたが、
新しい 仕組みや手法を開発・活用することで、新しい社会的価値を創出し、
ビジネス として発展できる事例が増えてきています。

本セミナーでは 、ソーシャルビジネスが生まれてくる背景や手法を学びながら、 各学生が向き合いたい社会課題をみつけ、
クリティティブな手法で解決策を考える第一歩を踏み出すための講座です。
アナロジー思考やクリティカルシンキングなどの導入といった基本の思考スキル、ビジネスモデルなどのビジネスやマーケティングについての基礎知識、現代アートやデザインのクリエイティブアプローチや、 さらに SDGsの目的や背 景の解説、プレゼンスキルの向上なども網羅します。

取り扱う事業領域は貧困、差別、 廃棄物、エネルギーなどの問題からまちづくりまで、多岐にわたり、国連が制定した SDGs(Sustainable Development Goals)のもとに 世界中がそのゴールに向かっての取り組みが求められているとも言えます。

多様なキャリア構築のなかで、社会の課題に挑戦したいと、
またソーシャルビジネスに携わりたいとい う学生のマインドセット、
スキル育成を行いながら、最終的にはソーシャルビジネスアイディアの企画をつくりあげていきます。

さらに関心のある学生には、国連共催の世界の学生向けソーシャルビジネスコ ンテスト HULT PRIZEへのエントリーもサポート予定です。

HULT PRIZEとは
2009年に始まった世界100ヶ国以上から約 5 万人が参加し、
「 学生版のノーベル賞」とも評される世界的学生向けビジネスコンテストの1つ。
参加者はテーマとなっている社会課題を解決するための事業プランを立案する。
対象は大学生と大学院生のみ。コンテストに勝ち進むとさまざま支援プログラムを受けられるのが特徴。
元アメリカ大統領のビル・クリントンやノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスなど 多数の著名人が支援し、優勝者には 100 万ドルが贈られる。

キーワード

ソーシャルビジネス 社会課題 ビジネスモデル キャリアデザイン ビジネスアイディア ビジネスコンテスト アナロジー思考 デザイン思考 デザイン アート ミッション SDGs 有限設計

講師

新納麻理佳(株式会社リバースプロジェクト)

方法・進め方

オンラインでの実施。

本授業では、講義スタイルの他に、体験的に学ぶことを目的として、グループワークやペアワークをはじめとする相互学習形式を多く取り入れますので、積極的な授業参加が求められる授業です。

また、実践を重視するため、実際にビジネスプランの構築や、その準備に関わるリサーチ、課題図書のレポートなどの課題への取り組みを通して学びます。

スケジュール

毎週木曜日18:30〜20:10

対象

○ビジネスもしくは社会課題解決に関心がある。
そのいずれかを通じて、成し遂げたい目標がある
○自分自身が社会に出たときに、キャリア構築において強みを発見したいと考えている
○HULT PRIZE への応募を検討している、過去応募して再チャレンジを考えている

応募方法

本セミナーへの参加を希望する方は、以下のフォームからお申し込みください。収容人数等の関係で、すべての方にご受講いただけない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

ご登録いただいてから1週間以内に、ガイダンスのURL等のご案内をメールでお送りします。

共同企画

株式会社リバースプロジェクト(担当:新納麻理佳)
東京大学教養学部附属 教養教育高度化機構 社会連携部門(担当:髙橋史子)

LINK

株式会社リバースプロジェクト

Hult Prize

ソーシャルビジネスをデザインする

info.sr[at]komex.c.u-tokyo.ac.jp

東京大学教養教育高度化機構 社会連携部門