教養学部生のための
キャリア教室

科学と社会をつなぐゲームデザイン

科学と社会をつなぐゲームデザイン

注意! 本授業は事前エントリーし、履修許可を得た学生のみ受講できます

説明会:いかのいずれかにご参加ください。
2017年4月12日(水)12:15-12:45  @ 17号館2階KALS
2017年4月18日(火)12:15-12:45  @ 17号館2階KALS


事前エントリーフォーム: こちらからどうぞ

事前エントリー締め切り: 4月18日(火)21時厳守
※ 18日の説明会終了後、締め切りまであまり時間の余裕がないのでご注意ください。


履修許可結果の通知: 4月19日(水)15時

授業趣旨

 現代社会は、科学技術をはじめとする多様な「知」によって支えられ発展してきました。一方で、その発展に伴い社会の問題はますます複雑化してきています。そうした社会の複雑な問題を多面的に捉え、理解するための手法として注目されているのがゲーミフィケーションです。本授業では特にアナログゲームに注目し、科学技術と社会の問題に関心をもってもらう、あるいは理解や議論を促進するためのアナログゲーム作りを行います。

 授業では、講義やグループワークによって、科学技術と社会の問題やゲーム教材をつくる上で重要となる理論とその評価法についての理解を深めます。その後、実際に自分たちでゲームコンセプトを作成し、専門家のフィードバックを得ながらコンセプトに基づいたゲームをデザインし、プロトタイプ(試作品)を制作します。これら一連のゲーム体験およびゲーム作成を通して, 知的複眼思考法を身につけるとともに、科学技術と社会をとりまく課題を多面的に捉えられるようになることが本授業の到達目標です。

スケジュール

以下を予定していますが、順番・内容等が変更になる場合もあります。

※1 テーマ: ジレンマ、動物実験、ナノテクノロジー、生活習慣病、ストーリーテリング等
※2 テーマ:環境・エネルギー、地球温暖化、グローバルヘルス、宇宙開発、再生医療、国際政治・経済、組織・コミュニケーション等
                                                                           
8月1日(火)2限〜5限
  • 科学技術と社会に関する講義
  • カードゲーム実践、解説・ディスカッション(※1)
  • ボードゲーム実践、解説・ディスカッション(※2)
  • テーマ決め・調査
※ 8月2日(水) ※ 授業はありませんが、調査・発表の準備のための自主活動時間が必要です。
8月3日(木)3限〜4限
  • 調査結果の発表
  • ゲーム開発についての講義①
  • ゲーム作成のためのアイデア出し/コンセプトづくり
8月4日(金)2限〜4限
  • ゲーム開発についての講義②
  • プロトタイピング
8月5日(土)2限〜5限
  • プロトタイピング(つづき)
  • ゲーム発表&デモ
  • ゲスト講評/ふりかえり
  • 総括